常磐自動車道の一部区間を4車線化…渋滞解消

社会 レスポンス

国土交通省は、渋滞が問題となっている常磐自動車道の一部区間を4車線化すると発表した。

常磐自動車は、震災復興のトラックなどの影響で一部区間で渋滞が深刻になり、復興事業の遅れになると指摘されていた。

国交省では、常磐自動車道について渋滞状況を確認した上で、有識者の意見も聞きながら検討してきたが「いわき中央インターチェンジ〜広野インターチェンジ」の27kmと「山元インターチェンジ〜岩沼インターチェンジ」の14kmについて4車線化に着手する。震災復興・創生期間内のほぼ5年での完成を目指し、直ちに事業に着手する。

  • レスポンス編集部
  • 国土交通省《撮影 中島みなみ》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ