【WMX第2戦】フェーブル完勝、昨季チャンピオンがランキング首位に

モータースポーツ レスポンス

タイ・スファンブリでおこなわれたモトクロス世界選手権第2戦は、ディフェンディングチャンピオンがついに実力を発揮。Monster Energy Yamaha Factory MXGPのロマン・フェーブルが両ヒートで勝ち、ランキングトップに躍り出た。

土曜日の予選、2位のタイムで終えたフェーブル。3月6日、日曜日の決勝レース第1ヒートでは、KTMのA.カイローリを2番手で追う展開に。気温37度の猛暑と湿気の中、12周目。カイローリの前に出ると、そのままペースを上げフィニッシュした。

第2ヒートはスタートからリーダーに立つと、そのままフィニッシュまで快走。2位のB.タウンレイ(スズキ)に、6秒以上の差をつけての危なげないレースだった。

これでフェーブルはポイントランキングトップ。コメントは次の通り。

「第1ヒートを勝てて嬉しい。第2ヒートでは第2コーナー先でトップに立ち、ギャップを広げてフィニッシュまで安全にライディングできたので楽だった。レッドプレートを手にすることができてすごく嬉しいけれど、まだシーズンは先が長い」。

  • 青木タカオ
  • 両ヒート優勝し、ランキングトップに立ったR.フェーブル(左)と総合3位になったJ.ファン・フォルベーク(ヤマハ)。《画像 ヤマハ発動機》
  • 両ヒート優勝し、ランキングトップに立ったR.フェーブル。《画像 ヤマハ発動機》
  • 両ヒート優勝し、ランキングトップに立ったR.フェーブル。《画像 ヤマハ発動機》
  • 両ヒート優勝し、ランキングトップに立ったR.フェーブル。《画像 ヤマハ発動機》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ