【メルセデス Cクラスクーペ】上野社長「若い方々を吸引したい」…月々1万8000円プランも

新車 レスポンス

メルセデス・ベンツ日本は3月14日、全面改良した『Cクラスクーペ』を発売した。上野金太郎社長はターゲットユーザーに関して「子育てを終えられた層に加えて、もっと若い層の方々をどんどん吸引していければ」と語る。

というのも月々1万8000円から新型Cクラスクーペが乗れるというファイナンスプログラム(5年タイプの残価設定型ローンとサービスプログラムを組み合わせた「まるごとプラン」利用)が設定されており、「この月額訴求があれば30代後半でもユーザー層として可能性があるのではないかと我々は思っている」からだ。

また「先代のクーペに比べてデザインの感覚がかなり違っている」こともユーザー層の若年齢化に追い風になっている。このため1.6リットルターボエンジンのみの設定とすることで価格を500万円台に抑えている。

さらに「先代はベースモデルの全面改良から2年ほど遅れての日本導入となったためモデルサイクルが短かった」という反省もあり、「今回はタイミング的にはそれよりも早く導入できたということもあるので、もう少し年齢層が広がるのではないか」と上野社長は期待を寄せる。

  • 小松哲也
  • メルセデス Cクラスクーペ 発表会《撮影 小松哲也》
  • メルセデス Cクラスクーペ 発表会《撮影 小松哲也》
  • メルセデス・ベンツ日本 上野金太郎 社長《撮影 小松哲也》
  • メルセデス Cクラスクーペ 発表会《撮影 小松哲也》
  • メルセデス Cクラスクーペ 発表会《撮影 小松哲也》
  • メルセデス Cクラスクーペ 発表会《撮影 小松哲也》
  • メルセデス Cクラスクーペ 発表会《撮影 小松哲也》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ