【スズキ バレーノ】「流れ」の表現で一皮むけたデザインに

新車 レスポンス

スズキが新たに発売したハッチバックタイプの小型車『バレーノ』のデザインコンセプトは、“リキッドフロー(Liquid Flow)”だ。

スズキ四輪技術本部四輪デザイン部エクステリア課長の山本雄高さんによると、「これは液体の流れを指す。それも水ではなく、ちょっと粘性のある液体状のメタルリキッド、金属が流れるさまをイメージしてデザインした」と述べる。

そのイメージが一番表れているのは、「サイドのショルダーラインと、そこに伴う面もショルダーの動きに合わせて抑揚を強めたり弱めたりしながら、流れているさまを表現している」という。

また、サイドウインドウ下端にも抑揚を持たせ流れを表現している。山本さんは、「これまで(スズキは)合理的なデザインが多かったので、直線基調だった。しかし、バレーノはエモーショナルな表現を意識しているので、ここもショルダーの動きに合わせた」と話す。

ではなぜリキッドフローというコンセプトを設定したのか。山本さんは、「スズキには同セグメントに『スイフト』がある。このクルマはきびきびと走るためのクルマだが、バレーノはもう少しエレガントな落ち着いた雰囲気で、ロングドライブでも対応できるような、ゆったりしたイメージを形で表現したかった」と説明。そこでこのコンセプトワードが設定されたのだ。

スイフトと比較し、車高は若干低く(1470mm)、幅は広い(1745mm)。更に足回りを四隅に張り出させることで、「ローアンドワイド。安定感のあるイメージも表現した」。

山本さんはバレーノのデザインについて、「スズキのデザインとしては一皮むけて、エモーショナルなものも出来るというところを見てほしい」とその思いを語った。

  • 内田俊一
  • スズキ バレーノ《撮影 内田俊一》
  • スズキ バレーノ《撮影 内田俊一》
  • スズキ バレーノ《撮影 内田俊一》
  • スズキ バレーノ《撮影 内田俊一》
  • スズキ バレーノ《撮影 内田俊一》
  • スズキ バレーノ《撮影 内田俊一》
  • スズキ バレーノ《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ