日産、モナコ宮殿に2台の e-NV200 を納車

エコカー レスポンス

日産自動車は3月14日、モナコ宮殿に2台の『e-NV200』を納車した、と発表した。

e-NV200は、多目的商用バンの『NV200バネット』をベースに、EVパワートレインを組み合わせたモデル。日本国内では、2014年10月に発売された。

EVパワートレインは、『リーフ』用が基本。モーターは最大出力109ps、最大トルク25.9kgmを発生する。二次電池は、蓄電容量24kWhのリチウムイオンバッテリー。1回の充電で、最大190km走行できる。

日産は今回、2台のe-NV200を、モナコ宮殿に納車。モナコ宮殿では、環境負荷を減らす取り組みを推進しており、公用車にe-NV200を導入することにつながった。

欧州日産のポール・ウィルコックス会長は、「リーフとe-NV200を発売し、スマートかつグリーンなモビリティの実現に向けて、先頭に立ってきた。欧州全域で電動化への切り替えが進んでいるのは、喜ばしいこと」と述べている。

  • 森脇稔
  • 日産が2台のe-NV200をモナコ宮殿に納車
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ