トヨタ、ロシアでRAV4を現地生産…2016年8月から

業界 レスポンス

トヨタ自動車の欧州法人、トヨタモーターヨーロッパは3月14日、ロシアのサンクトペテルブルク工場において、2016年8月から『RAV4』の現地生産を開始すると発表した。

ロシアではSUVセグメントの人気が高く、RAV4はトヨタの同セグメントにおける主力モデル。今後も高い需要が期待できるとともに、よりタイムリーに顧客に提供していくことを目指し、今回の決定を行った。

RAV4の現地生産の準備として、トヨタはサンクトペテルブルク工場に投資。工場の拡張や設備の改修、組み立てや車体プレス工程のいっそうの自動化を進めてきた。

RAV4の現地生産が始まれば、サンクトペテルブルク工場の生産能力は、これまでの年間5万台程度から、最大で10万台程度まで増加する予定。約800人の新規雇用も創出される見込み。

トヨタは2007年から、ロシア・サンクトペテルブルク工場で『カムリ』を現地生産。RAV4は同工場にとって、2番目の生産車種となる。また、欧州全体では、RAV4がトヨタにとって、9番目の現地生産モデルになる。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ