【IAAE16】曙ブレーキの10ポッドキャリパー発見!…市販はいつ?

業界 レスポンス

曙ブレーキ工業が、ピストン型の10ポットブレーキキャリパーの実物を展示していた。このブレーキは、10日に正式にアナウンスされたもので、これまでスポーツカー向けなどによくある4ポット、6ポットを上回るピストンを持ったブレーキキャリパーだ。

大型のSUVは必然的に車重も重くなりホイール径も大きくなるため、スポーツカーでなくとも強力な制動力が求められている。一般に大径のディスクローターに対して安定した制動をかけるには、パッドの面積も大きくする必要がある。そして、そのパッドを均一に押し当ててやるため、ピストンを複数に分散させるのがマルチポットのブレーキキャリパーということになる。

曙ブレーキ工業では、このようなニーズに対応するため、10ポットのキャリパーを開発したという。すでに市販は決定しているとのことだが、いつごろか、どの車に搭載されるのかはまだ発表できないそうだ。ただし、正式なリリースも出し、現物の展示も行っているので、そう遠くない将来、これを搭載した市販車を見ることができるだろう。その場合、本体の色やブランドロゴは供給先のメーカーのものになるはずだ。

  • 中尾真二
  • 10ポットキャリパー《撮影 中尾真二》
  • 10ポットキャリパー《撮影 中尾真二》
  • 10ポットキャリパー《撮影 中尾真二》
  • こちらはカラーリングされたキャリパー。マルチポットではなく、標準キャリパーを2つ使うツインキャリパーのクルマも存在する《撮影 中尾真二》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ