国際R-Mベストペインターコンテスト日本大会、女性を含む15名が1次予選を通過

業界 レスポンス

BASFジャパンは3月17日、「国際R-Mベストペインター・コンテスト」日本大会の1次予選通過の15名を発表した。

BASFジャパンでは、自動車補修用プレミアム塗料ブランド「R-M」の水性塗料「オニキスHD」ユーザーの塗装技術者を対象とした「国際R-Mベストペインター・コンテスト」の日本大会を2016年1月より開催。1次予選では、水性塗料の知識や安全衛生に対する理解を問う筆記試験が実施され、その結果、15名が準決勝に進むことになった。15名の中には女性ペインターも含まれている。

2次予選では、カラーマッチングや塗装技術の技術が競われ、15名のうち、決勝へ進むことができるのは8名。5月21日に新羽リフィニッシュコンピテンスセンターにて国内決勝大会が開催される予定だ。

日本市場は、溶剤塗料から水性塗料への転換が欧米諸国に遅れをとっている。BASFジャパンは、水性塗料のマーケットリーダーとして、より環境に優しく健康に配慮した水性塗料の普及に取り組むと同時に、若手塗装技術者の育成にも注力している。コンテストを通じて補修技術の向上を目指すだけでなく、生産性や作業効率の向上をより効果的に実現するためのソリューションを提供する。

なお同コンテストは、9月26日から30日にフランスで開催される第12回「国際R-Mベストペインター・コンテスト」の国内選抜大会。欧州、南アフリカ、アジア、北米の18か国から、優秀な成績を収めた30歳以下の塗装技術者が国際大会へ参加できる。日本大会は今回で3回目の開催だが、過去2回の大会では優秀な成績を収めており、2010年の国際R-Mベストペインター・コンテストでは日本から参加した塗装技術者が優勝をしている。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 近畿オート 森田ありすさん
  • ネッツトヨタ宮崎 齋藤圭吾さん
  • 郷田鈑金 田中淳平さん
  • 1次予選通過の15名
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ