【F1 オーストラリアGP】ルノーがカラーリングを大幅変更…黄色メインのデザインへ

モータースポーツ レスポンス

18日に開幕した2016年のF1開幕戦オーストラリアGP。今年からワークス復帰を果たすルノーは、カラーリングを大幅に変更。コーポーレートカラーでもある黄色をメインにしたデザインで走行を開始した。

これまで黒をベースに黄色のデザインがところどころ入るという仕様に仕上がっていたルノー『R.S.16』。2月下旬と3月初旬に行われたバルセロナ合同テストでも同カラーリングが使用されていた。しかし、黒ベースということでマクラーレンなどと見た目が同じこともあり、見分けがつきにくいという声も実際にあった。

ところが、開幕戦で登場したマシンはデザインが一新され、前後ウイング以外は黄色のカラーリング1色に。またレーシングスーツも黄色に変更され、これまで以上にルノーワークスらしいマシンになって今季を戦うことになりそうだ。

ドライバーはケビン・マグヌッセンとジュリオン・パーマー。テストでも快調な走りを見せていただけに、今季の活躍に注目が集まっている。

  • 吉田 知弘
  • 黄色メインのデザインに変更したルノーF1チーム《画像 Getty Images》
  • 黄色メインのデザインに変更したルノーF1チーム《画像 Getty Images》
  • ケビン・マグヌッセン《画像 Getty Images》
  • ケビン・マグヌッセン《画像 Getty Images》
  • ジュリオン・パーマー《画像 Getty Images》
  • 黄色メインのデザインに変更したルノーF1チーム《画像 Getty Images》
  • ケビン・マグヌッセン《画像 Getty Images》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ