【スズキ バレーノ】コンパクトボディながらゆとりある居住空間を確保…チーフエンジニア

新車 レスポンス

スズキ『バレーノ』は、新開発のBセグメント用プラットフォーム採用により、コンパクトなボディサイズながらゆとりある居住空間と荷室空間を作り上げることができたという。

そう話すのは、スズキ四輪技術本部第二カーラインバレーノ担当チーフエンジニアの伊藤邦彦氏だ。バレーノのボディサイズは全長3995×全幅1745×全高1470mmだ。

また新開発のBセグメント用プラットフォームを初採用。エンジン搭載角度の変更を始めエンジンルームのコンパクト化。それにより「室内空間拡大により前後乗員間距離を805mmとし、後席の足元スペースを十分確保した」と述べる。

更に、荷室はラゲッジモード仕様で、320リットルの大容量を実現。「ラゲッジモードとリアシートのアレンジ次第で、フラットな荷室や更なる容量増など、ユーザーニーズに合わせて利用可能だ。リアシートを倒さない状態でも 9.5インチのゴルフバックやベビーカーの搭載も可能となっている」とした。

  • 内田俊一
  • スズキ バレーノ《撮影 内田俊一》
  • スズキ バレーノ《撮影 内田俊一》
  • スズキ バレーノ《撮影 内田俊一》
  • スズキ バレーノ《撮影 内田俊一》
  • スズキ バレーノ《撮影 内田俊一》
  • スズキ バレーノ《撮影 内田俊一》
  • スズキ バレーノ《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ