豊田合成、トラック向け脇見・居眠り警報ハンドルを開発

テクノロジー レスポンス

豊田合成は3月22日、トラックドライバーの脇見や居眠りを検知し、警報する後付けシステムを開発したと発表した。

同システムは、既存のハンドルと交換する「カメラ付きハンドル」と専用アプリを搭載した「スマートフォン」で構成。カメラで撮影した画像をスマートフォンに送信し、一定時間の脇見、居眠りを検知した場合、警報を鳴らしドライバーに注意を促す。また、スマートフォンの通信機能を使って、位置情報システムやドライブデータの解析など、様々な活用も可能としている。

豊田合成では、既に2014年からグループ会社のTGロジスティクスのトラック15台に同システムを搭載。約10万km以上の実証試験を行い、一定の効果が得られたという。同社では今後、物流委託先へ展開するとともに、その他のトラック事業者への販売に向けた検討を開始する。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ