【ニューヨークモーターショー16】シェルビー GT350-H 新型、レンタカー専用の マスタング

新車 レスポンス

米国の自動車大手、フォードモーターは3月21日、新型『シェルビー GT350-H』の概要を明らかにした。実車は3月23日(日本時間3月23日夜)、米国で開幕するニューヨークモーターショー16で初公開される。

同車は、1966年に発表されたフォード シェルビー GT350-Hの50周年を記念して登場。50年前の同車は、キャロル・シェルビー氏と大手レンタカー会社のハーツが協力。当時のフォード『マスタング』をベースに、「Rent-A-Racer」と命名した高性能レンタカープログラム専用に仕立てた車両だった。

最新のシェルビー GT350-Hも、新型フォードマスタングがベース。フォードモーターとシェルビーアメリカン、ハーツの3社が協力。一般向け販売は行われず、レンタカー専用車として、ハーツの米国空港店の一部に、140台が配備される。

5.0リットルV型8気筒ガソリンエンジンを積む「マスタングGT」グレードをベースに、50年前の同車を連想させるブラックボディ&ゴールドストライプを採用。カーボンファイバー製のフロントリップスポイラー、ポリカーボネート製ボンネット、リアスポイラーなどを、シェルビーアメリカンが設計した。

メカニズム面では、フォードパフォーマンスのハンドリングキットやエグゾーストシステムを装着。タイヤはミシュランの「パイロットスポーツ」で、サイズはフロントが255/40ZR19、リアが275/40ZR19を履く。

  • 森脇稔
  • フォード シェルビー GT350-H
  • フォード シェルビー GT350-H
  • フォード シェルビー GT350-H
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ