ZFの2015年決算、TRW買収効果で売上高58%増

業界 レスポンス

独ZF社は、2015年度の決算を発表。TRW社の買収効果もあり、売上高は前年比58%増の292億ユーロ(約3兆6619億円)、利払前・税引前利益(EBIT)も同45%増の約16億ユーロ(約2006億円)といずれも大幅な増加となった。

TRW社の買収によって、ZFのグループ売上高は大きく増加。2015年5月15日の買収以降は5番目の事業部として成長し、89億ユーロの売上に貢献した。その結果、グループの地域別の売上分布もバランスがとれたものとなった。欧州のシェアが56%から47%へと減少した一方で、北米での売上シェアは20%から28%へ増加。アジア太平洋地域は20%から22%に増加した。

ZFのシュテファン・ゾンマーCEOは、「2015年は当社の歴史上最大かつ最も重要な買収を成功させた。現在ZFは、機械部品をコントロールユニットやセンサーとインテリジェントに連携させる作業を行っている。これにより、安全性と効率の向上や自動運転といった業界の大きなトレンドに、より効果的に対応していくことができるだろう」とコメントしている。

2016年の見通しについては、ZF TRWが初めて通年で組み込まれることを織り込み、売上高を約20%増の350〜360億ユーロ(約4兆3892億円〜4兆5146億円)、EBITマージンは5〜6%の間と予測している。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ