【ニューヨークモーターショー16】MINI クラブマン 新型に「オール4」…米国仕様を初公開へ

新車 レスポンス

BMWグループのMINIは3月23日(日本時間3月23日夜)、米国で開幕するニューヨークモーターショー16において、新型『クラブマン・オール4』の米国仕様車を初公開する。

同車はMINIのCセグメント車としては、初の4WD車。すでにMINI『カントリーマン』(日本名:MINI『クロスオーバー』)にオール4が用意されているが、今度は新型『クラブマン』にオール4を拡大展開する。

新型クラブマン用のオール4は、新開発の4WDシステム。MINIは新型クラブマンのために専用開発を行い、ハンドリングのスポーティ性や、日常的な使い勝手を高めている。

この4WDシステムは、路面の状態や走行状況に応じて、前後アクスルに最適な駆動トルクを配分。MINIによると、従来よりも軽量コンパクト化することにより、FF車とほぼ変わらない燃費とCO2性能を実現しているという。

ニューヨークモーターショー16では、新型クラブマン・オール4の米国仕様車が初公開される予定。米国では、ガソリンの「クーパーS」グレードで、オール4の選択が可能。2.0リットル直列4気筒ガソリンターボは、最大出力189hp、最大トルク28.6kgm。0-96km/h加速6.9秒、最高速230km/hの性能を備えている。

  • 森脇稔
  • 新型 MINI クラブマン オール4
  • 新型 MINI クラブマン オール4
  • 新型 MINI クラブマン オール4
  • 新型 MINI クラブマン オール4
  • 新型 MINI クラブマン オール4
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ