【ニューヨークモーターショー16】アウディ R8 新型にスパイダー、5.2リットルV10は540馬力

新車 レスポンス

ドイツの高級車メーカー、アウディは3月23日(日本時間3月23日夜)、米国で開幕したニューヨークモーターショー16において、新型『R8 スパイダー V10』を初公開した。

新型『R8』に関しては、クーペボディが2015年3月、ジュネーブモーターショー15でデビュー。先代に用意されていたオープン版のスパイダーが、およそ1年遅れて新型にも登場している。

新型R8のクーペには、エンジン出力によって標準版と高出力版の2グレードを設定。しかし、新型R8スパイダー V10では、標準版のみがラインナップされる。

ミッドシップに搭載されるのは、自然吸気の直噴5.2リットルV型10気筒ガソリン「FSI」エンジン。最大出力540hp、最大トルク55.1kgmを引き出す。トランスミッションは、7速Sトロニック。動力性能は、0‐100km/h加速3.6秒、最高速318km/h。クーペの0‐100km/h加速3.5秒、最高速323km/hと比べても、遜色ない。

ルーフは先代と同じく、ソフトトップ。電動油圧システムによって開閉し、開閉に要する時間は20秒。50km/h以下なら、走行中でも開閉できる。

  • 森脇稔
  • 新型 アウディ R8 スパイダー V10
  • 新型 アウディ R8 スパイダー V10
  • 新型 アウディ R8 スパイダー V10
  • 新型 アウディ R8 スパイダー V10
  • 新型 アウディ R8 スパイダー V10
  • 新型 アウディ R8 スパイダー V10
  • 新型 アウディ R8 スパイダー V10
  • 新型 アウディ R8 スパイダー V10
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ