GWの高速道路渋滞予測、上下線とも5月3日〜5日の3連休に多発

業界 レスポンス

NEXCO東日本はじめ高速道路運営各社と日本道路交通情報センターは、4月28日から5月8日までのゴールデンウィーク期間における、高速道路の渋滞予測と対策を発表した。

今年のゴールデンウィークの渋滞発生傾向としては、上下線ともに、5月3日〜5日の3連休に渋滞が多く発生。10km以上の渋滞は、下り線が5月3日〜4日、上り線が5月3日〜5日に多く発生すると予測している。

最も長く渋滞すると予測されているのが、5月4日22時頃の神戸淡路鳴門道(上り線)の55km。次いで5月3日9時頃の関越道(下り線)花園IC付近と5月4日18時頃の関越道(上り線)高坂SA付近、5月3日6時頃の中央道(下り線)相模湖IC付近で、それぞれ45kmの渋滞が発生すると予測している。

高速道路各社では、予測される渋滞発生の時間帯を避けたり、比較的渋滞発生の少ない夜間から早朝にかけたドライブ計画を利用者に呼びかけている。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 10km以上の渋滞予測回数
  • 10km以上の渋滞予測回数
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ