【鈴鹿8耐】カワサキワークスのTeamGREENにレオン・ハスラム加入、必勝体制で臨む

モータースポーツ レスポンス

7月28〜31日に鈴鹿サーキットで開催される「2016“コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第39回大会」(鈴鹿8耐)に、同レースで優勝経験のあるレオン・ハスラムがカワサキのTeamGREENから参戦することが明らかになった。

25日、東京モーターサイクルショー16の会場内で行われた記者発表会にチームの代表として釈迦堂利郎監督とエースライダーの渡辺一樹が登場。まず釈迦堂監督から「今日から」という最新情報付きで、ハスラムとの契約を鈴鹿8耐終了まで結んだ、と発表された。これには会場につめかけたファンからも驚きの声が上がり、今年一番のサプライズ発表となった。もちろん本番までに行われるテスト等にも参加予定とのこと。「テストやその他をはじめ、8耐終了まで頑張ってくれると思います」と語った。

ハスラムは2013年と2014年にMuSASHi RT HARC PROから高橋巧、マイケル・ファン・デル・マークと組んで参戦し連覇を成し遂げた。この他にも昨年はワールドスーパーバイクではアプリリアから参戦しランキング4位。今年はブリティッシュ・スーパーバイクにカワサキから参戦するなど、レース経験豊富なライダー。チームにとっては大きな力となってくれるだろう。

また今年のレースについて釈迦堂監督は「1年目は見よう見まねの8耐だったけど、昨年は予選までは上手くいった。でも決勝が悔しい内容になってしまいました。ハスラムはブリティッシュ・スーパー・バイクでカワサキのマシンに乗っていて、慣れた状態で鈴鹿に来てくれると思います」と、悲願の鈴鹿8耐制覇に自信をみせる。

また今年は新型の『ZX-10R』で参戦することも注目点の一つ。ワールドスーパーバイクでも連戦連勝と絶好調だ。チームのエースとして戦う渡辺一樹は「ニューマシンの実力はWSBでも証明されていますし、全日本も4月24日に開幕するので、そこで勝って鈴鹿8耐につなげていきたいですね」と意気込みを語った。

昨年は、新型マシン投入に全日本王者とMotoGPライダー2人起用という必勝体制で臨んだヤマハが栄冠をつかんだ。もちろん今年も優勝候補の筆頭にヤマハが挙げられているが、その最有力のライバルになりうるのは、このTeamGREENかもしれない。

  • 吉田 知弘
  • 釈迦堂利郎監督《撮影 吉田知弘》
  • 渡辺一樹《撮影 吉田知弘》
  • 2016鈴鹿8耐記者発表会《撮影 吉田知弘》
  • レオン・ハスラム(2015WSB参戦時のもの)《画像 Getty Images》
  • No.87 Kawasaki Team GREEN《撮影 吉田知弘》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ