【東京モーターサイクルショー16】レンタルバイクとナビアプリでツーリングがもっと手軽に

テクノロジー レスポンス

ビッグサイトで開催中の東京モーターサイクルショー16にて、ナビタイムジャパンとレンタル819が共同出展している。担当者によると、「お互いにないものを補える」ため、今回の共同出展を決めたそうだ。

レンタル819とは、北海道から沖縄まで全国に130店舗を展開するレンタルバイク専門店。レンタル819では、スクーターから輸入大型車まで2500台以上のラインナップが用意されている。ヘルメットやグローブのレンタルもできるので、「いつでも」「どこでも」「好きなバイク」で気軽に走行できるのが特徴。

しかし、バイクをレンタルしたものの、「どこにツーリングに行ったらいいんですか?」という利用者の声が以前から聞かれていたそうだ。そこで、ツーリングを楽しむためのバイク用ナビアプリを持つ、ナビタイムジャパンとの共同出展を決定したそうだ。今回の共同出展だけではなく、今後も協働して事業を進めていくとしている。

ナビタイムジャパンのバイク用ナビアプリ「ツーリングサポーター」を使えば、知らない土地でのツーリングも安心して行うことができる。「ツーリングサポーター」には、全国350以上のツーリングロードが収録されているので、近くの景色のいい道を検索して、すぐにナビを開始することができるのが特徴。また、普段使い慣れていないバイクであるとガソリン切れが心配になるが、「ツーリングサポーター」を使えば近くのガソリンスタンドを検索することが可能だ。この他、周囲の観光スポットを検索することもできる。

担当者によると、「レンタルバイクとバイク用ナビアプリで、ツーリングの楽しさがさらに広がる」としている。現在は40〜50代の利用が多いとのことだが、バイクを持たない若者層にもサービスが普及していきそうだ。

  • 松木和成
  • バイク用ナビアプリ「ツーリングサポーター」《撮影 松木和成》
  • バイク用ナビアプリ「ツーリングサポーター」《撮影 松木和成》
  • バイク用ナビアプリ「ツーリングサポーター」《撮影 松木和成》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ