【東京モーターサイクルショー16】全国70ヶ所で試乗会開催…ハーレーダビッドソン

モーターサイクル レスポンス

ハーレーダビッドソンは先の大阪モーターサイクルショーに続き、話題のニューモデル2台『ローライダーS』と『CVOプロストリート ブレイクアウト』をディスプレイし、プレスカンファレンスで改めて発表した。

両モデルとも110キュービックインチ(1801cc)エンジンを搭載し、ビキニカウルとトールバーを備えたローライダーSは、カットフェンダーにソロシートをセット。CVOプロストリート ブレイクアウトはスピードスクリーンやストレートバーを装着し、ドラッグレースマシンを強く意識したロー&ロングスタイルとしている。

ハーレーダビッドソンジャパンのスチュワート・ファレル代表取締役社長は、今回のブースと4月からの公式イベントについても言及した。

「今年(のブース)はガレージをイメージしました。ブース内を歩いていただくと、インスピレーションを与えてくれる多くのモーターサイクルに出逢うと思います。そして本日、ハーレーダビッドソンジャパンは『The Legend On Tour(ザ・レジェンド・オン・ツアー)』のローンチを発表します」。

ザ・レジェンド・オン・ツアーは地域をめぐる、展示・体感イベント。会場ではハーレーダビッドソンを試乗できるだけでなく、担当者とより詳しく同車のモデルについて話ができるという。

ファレル社長は、「春から夏にかけて70ヶ所以上を回ります。なかでもツアーのハイライトとなるのは、5月21日(土)と22日(日)に富士スピードウェイで開催されます『ブルースカイヘブン』となりますのでご期待ください」としている。

  • 青木タカオ
  • ローライダーSとハーレーダビッドソンジャパンのスチュワート・ファレル代表取締役社長。《撮影 青木タカオ》
  • ハーレーダビッドソンジャパンのスチュワート・ファレル代表取締役社長《撮影 青木タカオ》
  • ハーレーダビッドソンジャパンのスチュワート・ファレル代表取締役社長《撮影 青木タカオ》
  • ハーレーダビッドソンジャパンのスチュワート・ファレル代表取締役社長《撮影 青木タカオ》
  • 110キュービックインチ(1801cc)エンジンを搭載するローライダーS(左)とCVOプロストリート ブレイクアウト《撮影 青木タカオ》
  • ハーレーダビッドソンジャパンのスチュワート・ファレル代表取締役社長《撮影 青木タカオ》
  • ハーレーダビッドソンジャパンのスチュワート・ファレル代表取締役社長《撮影 青木タカオ》
  • ハーレーブース《撮影 青木タカオ》
  • 110キュービックインチ(1801cc)エンジンを搭載するローライダーS(左)とCVOプロストリート ブレイクアウト《撮影 青木タカオ》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ