フォード エコスポーツ、インド製からルーマニア製に変更へ…欧州仕様

業界 レスポンス

米国の自動車大手、フォードモーターは3月22日、2017年秋からルーマニア工場において、小型SUVのフォード『エコスポーツ』を生産すると発表した。

フォードモーターは、エコスポーツの生産準備として、ルーマニアのクラヨーヴァ組み立て工場に、最大2億ユーロを投資する計画。製造ラインを改修する。

現在、クラヨーヴァ組み立て工場では、フォード『B-MAX』と1.0リットル「エコブースト」エンジンを生産中。同工場製のエコスポーツは、ロシアを除いた欧州全域で発売される予定。

なお、欧州向けのエコスポーツは現在、インド・チェンナイ工場で生産。2017年秋から、ルーマニア・クラヨーヴァ製に切り替えられる。

エコスポーツの2016年の欧州販売は、前年実績のほぼ30%増。小型SUVセグメントは、さらなる成長が見込まれており、2017年までに35%増の150万台規模に拡大する見通し。

  • 森脇稔
  • フォード エコスポーツ 改良新型
  • フォード エコスポーツ 改良新型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ