【バンコクモーターショー16】テーマは「次の100年」…BMW、未来への橋渡しを表現

新車 レスポンス

バンコクモーターショーで毎回トップを切ってプレスカンファレンスを開くのがBMWだ。それだけにその展開に注目が集まったが、今回のテーマは同社が3月7日に創立100周年を迎えたことにちなむ「THE NEXT 100YEARS」。次の世代へ向かうBMWのアプローチが披露された。

今回、会場に集まった報道陣にサプライズとして提供されたのが、1950年代に生産されたBMW『イセッタ300』に乗って、BMWタイランドのCEOであるマティアス・プファルツ氏が登場するというパフォーマンス。このクルマはイタリアのイソ・イセッタをBMWがライセンス生産した298ccエンジンを搭載する二人乗りの乗用車で、戦後、BMWが乗用車の販売台数を伸ばすきっかけとなった記念すべきクルマでもある。

イセッタ300から下りたマティアス氏はまず「BMWグループは100周年という記念すべき年に、タイ国内の“Car & Bike of the Year 2016”で19もの賞を獲得できた」と喜びの気持ちを表した。そして、「タイではフラッグシップモデルともなるBMW 730Ld Mスポーツを含む多くの車両をローカル生産している。なかでも環境への配慮は怠りなく、新しいBMW 330E Mスポーツはタイでもっとも低いCO2排出レベルを実現したプラグインハイブリッド車(PHV)。BMWは今後もPHVの投入に注力していく」と述べた。

挨拶の後は毎回注目されるBMWのパフォーマンス。今回は、BMWの100年を見せる映像を背景に、複数台数のティンパニーをたたくシーンからスタートした。昨年のような激しいダンスはなかったものの、男性ダンサーが体操?とも思える動きを見せる中、未来を予感させる個性的な衣装に身をまとったモデル達が会場いっぱいに練り歩く。手には折り紙風の鳥をモチーフにしたモニュメントを持ち、次の100年への橋渡しを意味するようなパフォーマンスを繰り広げた。

毎度のことながら時間はかなり遅れてのスタートとなったものの、特に慌てる様子もなくショーは淡々と進む。この辺りは南国特有の緩さなのか、会場周辺には大勢の報道陣が詰めかけて熱気に包まれていた。最後はいつものように主催者と記念写真を撮影してショーは終了した。

  • 会田肇
  • 挨拶するBMWタイランドCEOのマティアス・プファルツ氏《撮影 会田肇》
  • 体操のようなパフォーマンスの中、ファッションショー的にモデルが練り歩く《撮影 会田肇》
  • コスチュームはどれも未来感覚にあふれていた《撮影 会田肇》
  • 未来感覚のコスチューム《撮影 会田肇》
  • 未来感覚のコスチューム《撮影 会田肇》
  • 折り紙風の鳥をモチーフにしたモニュメントも登場《撮影 会田肇》
  • 未来感覚のコスチューム《撮影 会田肇》
  • 最後は未来への橋渡しを意味する展開へと映る《撮影 会田肇》
  • マティアス氏を乗せたイセッタが登場《撮影 会田肇》
  • フロントドアを開いてマティアス氏が下りた《撮影 会田肇》
  • 会場は多くの報道陣が集まり熱気に包まれた《撮影 会田肇》
  • イセッタ300はイギリス版3輪仕様と思われる《撮影 会田肇》
  • 最後の記念写真風景《撮影 会田肇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ