ボルグワーナー、EV用電子トランスミッション供給へ…ボルボ買収の吉利に

業界 レスポンス

米国の大手自動車部品メーカー、ボルグワーナーは3月23日、中国の浙江吉利控股集団(ジーリー ホールディンググループ。吉利)に、「e Gear Drive」を供給すると発表した。

ボルグワーナーは、自動車用ターボチャージャー製造の大手として知られる存在。また、排出ガスをクリーンにする技術でも世界をリードしている。

e Gear Driveは、ボルグワーナーが開発した電子式トランスミッション。ボルボカーズを買収したことで知られる浙江吉利控股集団のジーリーブランドのEV、『EC7』に搭載される。

EC7は、最大出力129hpを発生するモーターを搭載。最高速は140km/h。1回の充電で、最大253kmを走行できる性能を備える。

ボルグワーナー・パワードライブシステムズのStefan Demmerle社長は、「先進のe Gear Driveには、中国で大きな需要がある。今後、中国の主要自動車メーカーとの間で、いくつかのプログラムが発表されるだろう」と述べている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ