メルセデスの主力商用車 スプリンター、累計販売300万台…20年で達成

業界 レスポンス

ドイツの高級車メーカー、メルセデスベンツの商用車部門は3月15日、商用車『スプリンター』の累計販売台数が300万台に到達した、と発表した。

スプリンターは、メルセデスベンツの主力商用車のひとつ。初代モデルは1995年に発売され、大型バンのセグメントの草分け的存在になった。

現在では、世界130か国以上へ投入。一部の国では、大型バンの市場を牽引している。2015年は、全世界で過去最高の19万4200台を販売。累計販売300万台は、初代から数えて、およそ20年で達成した記録となる。

なお、累計販売300万目のスプリンターは、メルセデスベンツ商用車部門と協力関係にあるコーチビルダー、「Hymer」が高級キャンピングカーに仕立てる予定。

メルセデスベンツ商用車部門のフォルカー・モンヒンヴェック代表は、「スプリンターが20年間で300万台を販売したのは、大きな成功の証」と語っている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ