【ロールスロイス ドーン】日本市場の新しい夜明けを象徴する存在

業界 レスポンス

ロールスロイスにとって、中国を除くと日本市場はアジア最大のマーケットだという。

そう話すのは、ロールス・ロイス・モーター・カーズ アジア太平洋リージョナル・ディレクターのポール・ハリス氏だ。2012年に90台だった台数は、2015年には156台(JAIA調べ)と確実に成長。「『ドーン』によってまた新たな展開が迎えられるととても期待をしている」と述べる。

また、6月に名古屋にロールスロイス専門のディーラーがオープンする。ハリス氏は「名古屋は、トヨタに大きくサポートされているが、いままさに経済の再生、ルネッサンスの真っただ中にある都市だ」と話す。

更に、福岡に新しい店舗の展開も予定されている。「複数件、ビジネスの話をもらっており、こういった形で投資家がロールスロイスに興味を示すのは、過去6年を振り返って、日本だけではなくアジア全体でも初めてのことだ」とし、「プライベートの投資家の関心が、日本の安定した成長の中で得られるのは、ロールスロイスにとってとても重要な展開だ」と評価。

そして、「ドーンがロールスロイスにとって新しいチャンスであると同時に、今後日本がいままで達成してきたような力強い安定した成長を継続していくことが重要だ。まさにドーン、夜明けが新しい時代の幕開けであるということを強く願っている」と語った。 

  • 内田俊一
  • ロールスロイス ドーン《撮影 内田俊一》
  • ロールスロイス ドーン《撮影 内田俊一》
  • ロールスロイス ドーン《撮影 内田俊一》
  • ロールスロイス ドーン《撮影 内田俊一》
  • ロールスロイス ドーン《撮影 内田俊一》
  • ロールスロイス ドーン《撮影 内田俊一》
  • ロールスロイス ドーン《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ