【ロールスロイス ドーン】デザインもコンセプトも妥協を許さないモデル

新車 レスポンス

ロールスロイス『ドーン』は、デザインにおいても、コンセプトにおいても全く妥協を許さない贅沢を極めたモデルだという。

そのデザインについて、ロールス・ロイス・モーター・カーズアジア太平洋地域 商品マネージャーのスヴェン・グルンヴァルト氏は、「キャラクターの強い特徴的なフロントフェイスをしており、一つ一つのラインがダイナミズムを表現している」と話す。具体的には、「途切れのないラインがフロントバンパーから一番後ろまで一直線に流れていることや、ボンネット中央の3本のラインもダイナミックなキャラクターを強く伝えている」という。

Aピラーは傾斜が強くつけられた。その理由は「ルーフを閉めたときに流線型になることでダイナミズムをうまく伝えるという役割を持たせたからだ」とグルンヴァルト氏。また、サイドのショルダーラインがごくわずかにリアに向かって上がることにより、「リアシートの乗員が繭の中に大切に包まれているような安心感を生み出している。そのリアシート中央上部にはウッドパネルがあり、これはセンターコンソールから流れるようにインストルメントパネルまでつながっている」と特徴を説明した。

ドーンのエンジンは、V型12気筒で563馬力、100km/hまで約5秒間で加速させる。「ただしロールスロイスの場合には、何秒で加速できるかなど数字“だけ”が重要だとは考えていない」とグルンヴァルト氏。「この機能にプラス、ユーザーのライフスタイルに寄り添えるかが重要」と述べる。「一部の大切なユーザーが自分たちのライフスタイルのために、その実現のために選ばれるのがロールスロイスだからだ」と語った。

  • 内田俊一
  • ロールスロイス ドーン
  • ロールスロイス ドーン《撮影 内田俊一》
  • ロールスロイス ドーン《撮影 内田俊一》
  • ロールスロイス ドーン《撮影 内田俊一》
  • ロールスロイス ドーン《撮影 内田俊一》
  • ロールスロイス ドーン《撮影 内田俊一》
  • ロールスロイス ドーン《撮影 内田俊一》
  • ロールスロイス ドーン《撮影 内田俊一》
  • ロールスロイス ドーン《撮影 内田俊一》
  • ロールスロイス ドーン
  • ロールスロイス ドーン
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ