GM、中国に環境対応車10車種以上を投入へ…2020年計画

業界 レスポンス

米国の自動車最大手、GM。同社が中国市場において、環境対応車のラインナップを拡大することが判明した。

これはGMが3月21日、中国で発表した中期成長計画の中で、明らかにしたもの。「2020年までに、中国市場へ環境対応車10車種以上を投入する」と発表している。

2015年の中国新車販売において、フォルクスワーゲングループを上回り、首位に立ったGM。この勢いを保ち、2016年は中国で環境対応車の新車攻勢に打って出る。

この10車種のひとつが、キャデラックブランドの新型フラッグシップサルーン、『CT6』のプラグインハイブリッド車(PHV)。同車は2016年内に、中国市場で発売される予定。

また、10車種のブランドは、キャデラックだけでなく、シボレー、ビュイック、Baojun(宝駿)を計画している。

  • 森脇稔
  • キャデラック CT6 PHEV(上海モーターショー15)《撮影 吉田瑶子》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ