メルセデス商用車決算、税引き前利益は29%増…2015年

業界 レスポンス

ドイツの高級車メーカー、メルセデスベンツの商用車部門は3月15日、2015年通期(1-12月)の決算を公表した。

同社の発表によると、売上高は115億ユーロ(約1兆4612億円)。前年の100億ユーロに対して、15%増加した。

また、2015年通期のEBIT(支払金利前税引前利益)は、8億8000万ユーロ(約1118億円)。前年の6億8200万ユーロに対して、29%増と大きく増えている。

大幅な増益となったのは、新車販売が好調なため。2015年の世界新車販売は、32万1000台。前年比は9%増と伸びた。メルセデスベンツによると、新型『Vクラス』などの魅力的な商品群が、顧客に支持されたという。

メルセデスベンツ商用車部門のフォルカー・モンヒンヴェック代表は、「2014年の記録的な業績を、2015年は上回った。2016年も、さらなる成長の歩みを続けたい」と、意欲を示している。

  • 森脇稔
  • メルセデスベンツ スプリンター ワーカー
  • 新型メルセデスベンツ ヴィトー
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ