NYPDと神奈川県警のパトカーが競演…第一回カー&ブランチ開催

業界 レスポンス

3月27日横浜のイエローハット新山下店において、自動車販売やロケ用の車両手配サービスなどを手がける「JEEP CAFE TOKYO」主催、第一回カー&ブランチが開催された。

カー&ブランチは、その名の通り、週末に、遅めの朝ごはん、あるいは昼食(=ブランチ)を食べるついでに横浜で気軽に集まれたら、と企画されたイベントだ。横浜や都内から厳選されたフードを提供するショップが出店したほか、今回は地元神奈川県警によるパトカー、白バイの展示、加えて主に子供達を対象にした、交通安全教室なども開かれ、単にクルマ好きが集うだけのイベントではなく、来場した人が、クルマとともに1日ゆっくり過ごせるイベントとなった。

イベントの目玉は神奈川県警の『クラウン』のパトカーと、JEEP CAFE TOKYO所有の、フォード『クラウンヴィクトリア』の本物のNYPD(ニューヨーク市警察)パトカーの2ショットだ。この日は、アメリカの人気番組「ナイトライダー」に登場する「ナイト2000」を精巧に模したポンティアック『ファイアーバードトランザム』も加わるのにはじめ、国産輸入車を問わず、バラエティ豊かなクルマで会場は賑わった。

この日交通安全教室などを開催した、神奈川県警交通課の志澤警部は「もうすぐ4月、新入生が増える時期でもあり、特に4月6日からの10日間は『春の全国交通安全運動』も始まるのを前に、広くプロモーションする一環で参加した。まずクルマ好きの人たちに安全運転の意識してもらうことが大切」と語った。そして「神奈川県の交通事故の死者、負傷者は減少傾向にはあるものの、意識しなければ増える可能性もあり、『ゼロにする』という強い決意で臨みたいし、すべての人がそうあってほしい」と意気込む。

またイベントの中では交通遺児等育成基金の紹介と募金活動も実施、多くの参加者からは、このイベントの中で合計2万0892円の募金が集まり、イベントの中で公益財団法人交通遺児等育成基金に対して直接手渡された。

主催したJEEP CAFE TOKYOの和田裕之代表は「長年自動車関連ビジネスを展開してきたが、クルマを通して、地域に少しでも貢献できることに大きな意義を感じる。そして何よりこうして仲間が集まり、交通安全を改めて考える機会にもなり意義を感じている。今後もイベントを通じて積極的に発信していきたい」と話す。

イエローハット新山下店も「今後も継続してクルマのイベントを通して、様々な発信をしていきたい」と語る。カー用品店としてのみならず注目のスポットだ。

  • 中込健太郎
  • 第一回カー&ブランチ開催神奈川県警のマスコットピーガル君も登場。《撮影 中込健太郎》
  • 第一回カー&ブランチ開催。国や車種を問わない幅広い参加車両も来場者の目を楽しませた。《撮影 中込健太郎》
  • 第一回カー&ブランチ開催。スロットカーのコースも登場した。《撮影 中込健太郎》
  • 第一回カー&ブランチ開催。交通安全教室では、子供たちに向けた注意もさることながら、クルマに乗ったらすぐにシートベルトをする。歩くときはできるだけ子供と手をつなぐ、といった大人にむけた注意喚起も盛り込まれた。《撮影 中込健太郎》
  • 第一回カー&ブランチ開催。交通遺児等育成基金への募金活動。閉会時、その場で財団に対して手渡された。《撮影 中込健太郎》
  • 第一回カー&ブランチ開催。主催者JEEP CAFE TOKYOの和田代表。神奈川県警、イエローハット新山下店の協力で今回開催することができたが、今後もこういうイベントを催していきたいと話す。《撮影 中込健太郎》
  • 第一回カー&ブランチ開催。海沿いのトロピカルムードを盛り上げる会場の雰囲気も車のイベントを開催するのにぴったりだ。《撮影 中込健太郎》
  • 第一回カー&ブランチ開催。会場では、交通安全教育の最後に、夜道でもしっかり目立つよう、反射材のマスコットが配布された。一人一人に手渡し、「夜道で目立つこと」の大切さを意識付けていた。《撮影 中込健太郎》
  • 第一回カー&ブランチ開催。神奈川県警の皆さん。《撮影 中込健太郎》
  • 第一回カー&ブランチ開催。神奈川県警の皆さん。《撮影 中込健太郎》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ