横浜ゴム、2016年モータースポーツ活動計画を発表…スーパーフォーミュラにワンメイク供給開始

モータースポーツ レスポンス

横浜ゴムは3月30日、2014年のモータースポーツ活動計画を発表した。

2006年からオフィシャルタイヤサプライヤーを務める世界ツーリングカー選手権(WTCC)では、ADVANレーシングタイヤを供給。2014年に車両レギュレーションが変更され、エンジンパワーの増大などによる高速化に伴い、タイヤも総幅、外径、内径がより大きくなり、タイヤサイズが250/660R18となった。日本ラウンドは9月にツインリンクもてぎで開催される。

2016年からは、全日本スーパーフォーミュラへADVANレーシングタイヤのワンメイク供給を開始する。供給タイヤはドライ用のレーシングスリック「ADVAN A005」とウェット用の「ADVAN A006」。横浜ゴムは1996年にフォーミュラ・ニッポンに参戦。同レースは翌1997年から他社製タイヤのワンメイクレースとなっていたが、今回およそ20年ぶりに国内トップフォーミュラへ復帰することとなった。

SUPER GTシリーズでは、GT500クラスで「KONDO RACING」の『NISSAN GT-R』と「LEXUS TEAM WedsSport BANDOH」の『LEXUS RC F』を引き続きサポートする。

オフィシャルサプライヤーとして7年目を迎えるスーパー耐久シリーズは、バラエティ豊かなマシンに合わせて15インチから19インチまで幅広いサイズラインアップを揃え、ドライ用のレーシングスリック「ADVAN A005」とウェット用「ADVAN A006」を供給している。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • WTCC(2015年)
  • SUPER GT/GT500、 昨年、第4戦で優勝した「KONDO RACING」の「NISSAN GT-R」(2015年)
  • SUPER GT/GT500、昨年、全戦入賞を果たした「LEXUS TEAM WedsSport BANDOH」の「LEXUS RC F」(2015年)
  • 2年連続でチャンピオンを獲得した 谷口信輝選手と参戦マシン(2015年)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ