オークネット、バイク販売店向け総合支援サービス「バイクの窓口」を開始

モーターサイクル レスポンス

オークネット・モーターサイクルは、バイク販売店経営の総合的支援を目的としたサービス「バイクの窓口」を3月30日より開始し、メインコンテンツであるウェブサイト「バイクの窓口」も同日オープンした。

「バイクの窓口」は、集客支援・小売支援・経営支援の3つを軸に複数のサービスをパッケージにした二輪販売店向けの有料サービス。一昨年より開始したヤフオク!ストア出品連携サービスに、車両品質評価書印刷やユーザー買取り情報の提供、オリジナルローンサービス、レンタルバイク事業(オプションサービス)、盗難&全損・半損保険(4/25リリース予定)などを追加。オークネットバイクオークション会員店だけでなく、一般のバイク販売店も対象に広く募集し、バイクユーザーの集客・小売を支援することで、バイク業界の流通活性化を図っていく。

メインとなるバイクの窓口ウェブサイトは、従来の一般ユーザー向けサイト「モトオークドットコム」をビジュアルを多用した総合バイクマガジンに全面刷新。バイクの楽しさを全面に出し、ツーリング記事やカスタム&メンテナンス、お役立ち記事などを掲載し、幅広いバイクユーザーを集客していく。

利用料金は初期費用3万円(のぼり・ステッカー、各種設定費用)、月額費用9800円(拠点数、在庫掲載数制限なし)。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ