【バンコクモーターショー16】地元タイのメーカーは小型スポーツモデルで日系ブランドに挑む

新車 レスポンス

バンコクモーターショーには、地元タイの2輪車メーカーも出展している。今回はGPXレーシング、スタリオンという2つの地元メーカーが、ホンダ『MSX125』とカワサキ『Z125』と競合するスポーツモデルを公開した。

GPXレーシングは、コンセプトモデルの『DEMON SCRAMBLER』を初公開。これは販売中の125ccモデル『DEMON』の車体をベースに作られた、スクランブラーモデルの提案だ。まだモックアップ段階のようだが、DEMONとはまったく異なるスタイリングを持っていることがわかる。

同社のラインナップは、日本車をコピーしたと思しきものが多い。またDEMONはドゥカティっぽさを感じる。しかしDEMON SCRAMBLER のボディ造形はオリジナリティがあり、少なくとも「なにかのデザインをコピーした」という指摘は的外れだろう。キュートさもあり、商品化が楽しみな1台だ。

いっぽうスタリオンは、同じく125ccの新モデル『VTR125』を公開。こちらもまた長年にわたってコピー製品を販売してきたメーカーだが、VTR125のスタイリングに他のなにかと似ている部分を探すのは困難だ。

VTR125が置かれたコーナーにはKD Project Racing、そしてRANGER KORATというふたつの外部のショップによるカスタマイズモデルも並べられていた。

こうした車種がすぐさま、MSX125やカワサキZ125と互角のセールスを記録することはないだろう。しかし技術力やデザイン能力を蓄積した結果、強力な競合相手に育つ可能性もゼロではない。

なおDEMONは大阪の月木レーシングと共同開発されたもので、日本でも『DEMON HOPPER』の名称で販売されることになっている。月木レーシングは耐久ロードレースの有力プライベートチームとして活躍した実績も持つ。

  • 古庄 速人
  • スタリオン VTR125 by KD Project Racing《撮影 古庄速人》
  • GPXレーシング DEMON SCRAMBLER コンセプト《撮影 古庄速人》
  • GPXレーシング DEMON SCRAMBLER コンセプト《撮影 古庄速人》
  • GPXレーシング DEMON SCRAMBLER コンセプト《撮影 古庄速人》
  • GPXレーシング DEMON SCRAMBLER コンセプト《撮影 古庄速人》
  • GPXレーシング DEMON SCRAMBLER コンセプト《撮影 古庄速人》
  • GPXレーシング DEMON SCRAMBLER コンセプト《撮影 古庄速人》
  • GPXレーシング DEMON SCRAMBLER コンセプト《撮影 古庄速人》
  • GPXレーシング DEMON SCRAMBLER コンセプト《撮影 古庄速人》
  • GPXレーシング DEMON SCRAMBLER コンセプト《撮影 古庄速人》
  • GPXレーシング DEMON SCRAMBLER コンセプト《撮影 古庄速人》
  • GPXレーシング DEMON《撮影 古庄速人》
  • GPXレーシング DEMON《撮影 古庄速人》
  • スタリオン VTR125《撮影 古庄速人》
  • スタリオン VTR125《撮影 古庄速人》
  • スタリオン VTR125《撮影 古庄速人》
  • スタリオン VTR125《撮影 古庄速人》
  • スタリオン VTR125《撮影 古庄速人》
  • スタリオン VTR125《撮影 古庄速人》
  • スタリオン VTR125《撮影 古庄速人》
  • スタリオン VTR125 by RANGER KORAT《撮影 古庄速人》
  • スタリオン VTR125 by RANGER KORAT《撮影 古庄速人》
  • スタリオン VTR125 by RANGER KORAT《撮影 古庄速人》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ