【ニューヨークモーターショー16】北米向け トヨタ カローラ に2017年型…表情一新

新車 レスポンス

トヨタ自動車は3月23日、米国で開幕したニューヨークモーターショー16において、北米向け『カローラ』の2017年モデルを初公開した。

現行カローラは、北米では11世代目で、内外装が日本仕様とは異なる。現行型は2013年6月、米国で発表された。デビューから約3年が経過し、ニューヨークモーターショー16では、初の大幅改良を受けた2017年モデルが登場している。

2017年モデルでは、フロントマスクを中心にフェイスリフト。新デザインのグリルやバンパー、LEDデイタイムランニングライトを採用し、表情を一新した。リアは、テールランプが新しい。

インテリアは、素材の見直しにより、質感を向上。オーディオのグレードアップも図られた。オプションのプレミアムオーディオは、モニターを6.1インチから7インチへ大型化した。

安全面では、「トヨタ・セーフティセンスP」を全車に用意。歩行者検知機能付きの自動ブレーキをはじめ、ダイナミックレーダークルーズコントロール、車線逸脱警告、自動ハイビームなど、安全性が引き上げられている。

  • 森脇稔
  • 北米向け トヨタ カローラ の2017年型
  • 北米向け トヨタ カローラ の2017年型
  • 北米向け トヨタ カローラ の2017年型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ