【インターペット16】輸入車メーカーもペットとのカーライフを提案…VW、ボルボ

業界 レスポンス

東京ビッグサイトで開催中のインターペット2016では今年、自動車メーカー4社が出展し、愛犬家の注目を浴びていた。

中でもフォルクスワーゲン(VW)は新型『ゴルフトゥーラン』のドッグ仕様を展示。VWは純正ドッグアクセサリーも充実度しているが、後席用のフラットベッド、ラゲッジ用のラゲージカバー、車載用ペットキャリーのペットセーフティなどを紹介。ユニークなのは前回から行っている、全国のVWユーザーから寄せられた愛犬×VWの写真をスライドショー形式で公開していること。昨年を上回る応募があったという。さらにミニビートルを使った記念写真スペース、VWアクセサリーの物販コーナーなどもあり、VWのペットとのコミュニケーションを計る場として活用されていた。

インターペットには初出展となる北欧の自動車メーカーボルボは『XC60』T6 AWDの愛犬家オーナーカーを展示。ペット先進国らしい、車内のペットの安全にこだわったアクセサリーを装着していた。ミニC70の写真撮影コーナー、ボルボ製お散歩バッグ、北欧製のドッグアクセサリーなどの参考出品も。 今年は待望の最上級本格ステーションワゴン『V90』がラインナップに加わることもあって、愛犬家からボルボへの注目度が高まることだろう。

  • 青山尚暉
  • インターペット2016 VWトゥーラン《撮影 青山尚暉》
  • インターペット2016 VW《撮影 青山尚暉》
  • インターペット2016 VW《撮影 青山尚暉》
  • インターペット2016 VW《撮影 青山尚暉》
  • インターペット2016 VW《撮影 青山尚暉》
  • インターペット2016 VW《撮影 青山尚暉》
  • インターペット2016 VOLVO《撮影 青山尚暉》
  • インターペット2016 VOLVO《撮影 青山尚暉》
  • インターペット2016 VOLVO《撮影 青山尚暉》
  • インターペット2016 VOLVO《撮影 青山尚暉》
  • インターペット2016 VOLVO《撮影 青山尚暉》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ