オペル、究極のエコカー発表…ゼンマイ仕掛け

モータースポーツ レスポンス

ハイブリッドやEVなど、環境対応車の開発に各自動車メーカーがしのぎを削る中、オペルから究極のエコカーが登場した。

これは4月1日エイプリルフールに、オペルの英国部門のボクスホールが明らかにしたもの。『アダムC』の開発に成功した、と発表している。

『アダム』は、オペルがMINI『ハッチバック』やフィアット『500』に対抗するために投入したコンパクトカー。今回発表されたアダムCの「C」とは、clockwork(ゼンマイ仕掛け)を意味する。

アダムCの車体後部のゼンマイを15 分回せば、最大で200km走行することが可能。エンジンや燃料タンク、バッテリーなどは積んでいないが、オペルによると、走行性能には妥協していないという。

オペルは、「ゼロエミッションかつ維持費はゼロ。世界初の実物大キネティックカー」と、コメントしている。

  • 森脇稔
  • ボクスホール(オペル)アダムC
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ