まるでスーパーカー!? MINIに「シザードア」乗降性を大きく向上

業界 レスポンス

BMWグループのMINIは「4月1日」、2017年モデル各車に「シザードア」をオプション設定すると発表した。

シザードアは、ランボルギーニのようなスーパーカーに採用されている上方に開くサイドドア。MINIは狭い場所での乗降性を高める目的で、シザードアの導入を決断した。

シザードアがオプション設定されるのは、MINI『ハッチバック』(3ドアと5ドア)、MINI『コンバーチブル』、『ペースマン』、『クラブマン』、『クロスオーバー』。

例えば、MINIの3ドアハッチバックの場合、乗員がドアを開けて難なく乗降するには、幅2680mmの駐車スペースが必要。ところが、シザードアを選択すると、およそ3割少ない幅1930mmのスペースで乗降できる。MINI3ドアハッチバックの全幅は1727mmだから、シザードアのメリットは大きいといえそう。

このシザードアのオプション価格は、オリジナルMiniの誕生年にちなんで、1959ユーロで販売されるという。

  • 森脇稔
  • MINI 3ドアハッチバックのシザードア
  • MINI 3ドアハッチバックのシザードア
  • MINI 3ドアハッチバックのシザードア
  • MINI 3ドアハッチバックのシザードア
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ