約50年親しまれた多摩動物公園のライオンバス、運行休止に

業界 レスポンス

多摩動物公園(東京都日野市)は3月31日、1964年から約50年間に渡って親しまれてきた「ライオンバス」の運行を休止した。発着場の耐震化工事に伴うもので、これまでの累計乗車人数は約2100万人だという。

ライオンバスは同園の初代園長が「動物園でも野生の状態に近いかたちでライオンを見てもらいたい」と発案。1964年5月から運行を開始した。大きな強化ガラスを備えたバスの車内から、放し飼いされているライオンを間近に見ることができるという世界初の試みで、現在運行されている車両は5世代目となる。車両の運転は京王バスが担当している。

ケニアの首都、ナイロビにあるモスクを模したバスの発着場も同じ年月を経て老朽化が進み、耐震性を考慮した建て替え工事が必要となったことから、ライオンバスも今年3月末で運行を休止することとなった。

約50年に渡って親しまれたこともあり、運行開始時に小学生だったという人も「今は孫がいる」という世代になった。最終運行日となった31日は朝から多くの人が訪れ、一時は3時間近い待ち時間が生じるなどの盛況ぶりを見せた。

バスの運行再開は早くとも2019年ごろになる見込み。工事が本格化するまで、しばらくの間はライオンの様子を園路から眺め見ることができるようだ。

  • 石田真一
  • 百獣の王、ライオンをガラス越しではあるが間近に見られるというのがコンセプト。《撮影 石田真一》
  • 今でこそサファリパークなどもあるが、運行開始当初は世界初の試みだった。《撮影 石田真一》
  • 窓枠に馬肉が吊るしてあり、ライオンはそれを目当てに近寄ってくる。《撮影 石田真一》
  • 近づいてきたときにはこの迫力。《撮影 石田真一》
  • その様子を外から眺めるとこんな感じ。《撮影 石田真一》
  • オスのライオンは体格も立派で見ごたえがある。《撮影 石田真一》
  • 子供にとっては忘れられない思い出となる。運行開始当初に小学生だった人も今では孫のいる世代になった。《撮影 石田真一》
  • 放し飼いされているライオンは基本的にくつろいでいて、あまり動かない。《撮影 石田真一》
  • 今回の運行休止はバス発着場の建て替え工事に伴うもの。50年の時を経て老朽化が進んでいた。《撮影 石田真一》
  • 発着場はライオンが入らないような構造になっている。発進時は秘密基地から出てくるような雰囲気もある。《撮影 石田真一》
  • バスといっても、実際はトラックを改造したもので、乗降ドアは車体右側にある。《撮影 石田真一》
  • 現在の車両は5世代目で、2013年4月に導入されたCNG車。運転は京王バスが担当している。《撮影 石田真一》
  • 車体後部には非常脱出用のドアがあり、車体を向かい合わせて客を避難させる。《撮影 石田真一》
  • 園内には桜が咲き始めていた。運行再開は早くとも2019年ごろになるという。《撮影 石田真一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ