マツダ、マニュアルトランスミッションを廃止!? “ネタ”が話題に

モータースポーツ レスポンス

マツダが「4月1日」、マニュアルトランスミッション(MT)の廃止をネット上で告知。これが、話題になっている。

これは4月1日、マツダがカナダの公式Twitterページを通じて発表したもの。「2018年までに、マニュアルトランスミッションを廃止する」と宣言し、「ALL AUTOMATIC」の文字とともに、ATシフトレバーの画像をアップしたのだ。

その理由は何か。マツダカナダによると、イージードライビングが主流になっている現状から、マニュアルトランスミッションの廃止を決断したという。

マツダといえば、『ロードスター』をはじめ、『アテンザ』、『アクセラ』、『デミオ』、『CX-3』にMTを用意。MTの設定を縮小させる自動車メーカーが増える中、積極的に車を操れるMTの楽しさを、顧客に提供してきた自動車メーカーの1社だった。

それだけに、MT廃止の発表は、ファンをがっかりさせる内容だったのだが…。

マツダカナダはこのツイートの3時間後、「エイプリルフール」のネタと明かし、「マツダのラインナップからMTを廃止することはない」とつぶやいている。

  • 森脇稔
  • 4月1日、MTの廃止を宣言したマツダカナダの公式Twitter
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ