多摩動物公園のライオンバス、運行休止前に車両を公開[写真蔵]

業界 レスポンス

多摩動物公園(東京都日野市)は、1964年から約50年間に渡って親しまれてきた「ライオンバス」の運行を3月31日で休止した。運行開始時から使用している発着場の耐震化工事に伴うもので、再開は2019年ごろを予定している。

運行休止に先立ち、3月22日と24日には、ライオンバスに使用している車両の公開が行われた。現在の車両は5世代目にあたるもので、「バス」ではあるが、トラックの車体を改造したものとなる。

普段は車体に近寄った状態で眺めることはできないので貴重な機会となった。

  • 石田真一
  • シマウマを模した白黒のセブラカラーが特徴。現在の車両は5世代目だが、ゼブラカラーは2世代目から使われている。《撮影 石田真一》
  • 「バス」ではあるが、車体はトラックを改造したもの。いすゞ「フォワード」のCNG車がベース。《撮影 石田真一》
  • トラックベースなので、エンジンはフロント部に搭載されている。《撮影 石田真一》
  • ライオンの迫力ある姿を堪能できるよう、一般のバスよりも大きな窓が特徴。乗降ドアは車体右側だけにある。《撮影 石田真一》
  • 厚さ8mmの強化ガラスを2枚貼り合わせてある。ライオンが突進しても割れない強度が自慢。《撮影 石田真一》
  • 窓枠のフックに馬肉を引っ掛けた状態で運行する。ライオンはこの馬肉を目当てに寄ってくる仕掛け。《撮影 石田真一》
  • ライオンの放飼場は傾斜も多く、リア部はこれに対処している。《撮影 石田真一》
  • 車体後部には大型の非常ドアを備えている。《撮影 石田真一》
  • 非常時には後部を向かい合わせに連結し、乗客を救援側車両に脱出させる仕組みになっている。《撮影 石田真一》
  • 運転席はベース車のものを流用している。6速マニュアルだ。《撮影 石田真一》
  • 運転は京王バスが担当している。これは運行開始時から変わらない。《撮影 石田真一》
  • 車体下部にはライオンの潜り込み防止バンパーを設置してある。《撮影 石田真一》
  • ドアは車体右側のみにあるが、これは発着場の関係から。《撮影 石田真一》
  • すべての座席が窓側を向いている。《撮影 石田真一》
  • 基本的には全員着座した状態で運行する。《撮影 石田真一》
  • 小さな子供でもライオンを間近に見られるよう、窓の下部も低い。《撮影 石田真一》
  • ライオンが接近するポイントは左右均等の回数で停車する。《撮影 石田真一》
  • 発着場にライオンが入り込まないよう、前後はシャッターで閉じられる仕組みになっている。《撮影 石田真一》
  • 約50年間に渡り、2000万人を超える利用者のあったライオンバス。復活は2019年ごろを予定しているそうだ。《撮影 石田真一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ