【アウディ R8 新型】市販車とレース仕様車の50%は共通部品

新車 レスポンス

アウディ『R8』は、初代よりアウディブランドのスポーティー性の先端を行くもので、新型ではそれがさらに強調されているという。

「アウディが長年にわたり築いてきたレース、特に耐久レースの数々での成功で得たノウハウがそのDNAに具現化されている」と話すのは、クワトロGmbHプロジェクトマネージャーMSSのアルウィン・ワトキンス氏だ。

2000年以降、ル・マン24時間レースでは13回優勝を飾ったほか、R8 LMSは2009年以来ニュルブルクリンク24時間レースなどで 7回総合優勝を納めている。ワトキンス氏は、「R8はアウディ史上最速の市販車に仕上がったが、これはモータースポーツで培った技術を市販車に取り入れたからこそできたことだ」と述べる。

そして、「2代目はそのテクノロジーが公道仕様と密接な関係にある」と話す。その理由は、「公道仕様車とLMSを並行して開発した結果、約50パーセントの部品が共通となっているからだ」とコメントした。

  • 内田俊一
  • アウディ R8《撮影 内田俊一》
  • アウディ R8《撮影 内田俊一》
  • アウディ R8《撮影 内田俊一》
  • アウディ R8《撮影 内田俊一》
  • アウディ R8《撮影 内田俊一》
  • アウディ R8《撮影 内田俊一》
  • アウディ R8《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ