テスラの新型EV、モデル3 に受注殺到…発表後24時間で18万台

エコカー レスポンス

米国のEVベンチャー企業、テスラモーターズが3月31日(日本時間4月1日)、米国カリフォルニア州で初公開した新型EV『モデル3』。同車に対して、受注が殺到していることが分かった。

これは4月1日、テスラモーターズのイーロン・マスクCEOが、自身のTwitterページで明らかにしたもの。「モデル3が、発表後24時間で18万台もの受注を獲得した」と公表している。

モデル3は、『ロードスター』、『モデルS』、『モデルX』に続く、テスラモーターズ市販EV第4弾。モデル3は、価格を抑えた小型のセダンEVで、モデルSの小型版となる。

動力性能は、標準的な仕様が0-96km/h加速6秒以内。1回の充電での航続可能距離は、346km以上。

モデル3の米国ベース価格は、3万5000ドル(約393万円)と、これまでのテスラのEVとしては、最安値。それだけに、モデル3への関心は高く、発表後24時間で18万台もの受注獲得につながったと見られる。

イーロン・マスクCEOは、「EVの将来は明るい」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • テスラ モデル3
  • モデル3が発表後24時間で18万台もの受注を獲得したと、つぶやいたテスラモーターズのイーロン・マスクCEO
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ