高倉健のポルシェも…ジャパン・クラシック・オートモービル開催、国際的にも注目

モータースポーツ レスポンス

4月3日、ジャパン・クラシック・オートモービル2016が東京日本橋にて開催された。主催はジャパン・クラシック・オートモービル実行委員会と名橋「日本橋」保存会。

2010年に初開催され、それ以降毎年開催されているこのイベントは、今年、名橋「日本橋」架橋105周年を記念し、春の名橋「日本橋」まつりの一環として開催された。

今回、このイベントがFIVA公認イベントに認定されたことは大きなニュースだ。FIVA(Federation Internationale des Vehicules Anciens)は、ヒストリックカーイベントなどを国際的に統括する団体で、レースを国際的に統括するFIA(Federation Internationale de l'Automobile)とはいわば兄弟関係にあるものだ。ジャパン・クラシック・オートモービルのこれまでの実績を踏まえ、日本独自のイベントと評価。FIVAのイベントカレンダーに登録されることとなり、国際的にも注目を集めるイベントとなった。

なお、日本では、このイベントを含め3イベントがカレンダーに掲載されており、そのうち、展示イベントはこのジャパン・クラシック・オートモービルのみである。

早朝、花散らしの雨の中、日本銀行前に30台余りの名車が集結。そのクラシックカーは、日本クラシックカークラブ(CCCJ)が監修し集めたもので、ヒストリーのしっかりとしたまさに珠玉の名車が集まった。その中には白洲次郎がイギリスで愛用したベントレー『3L』や、俳優の高倉健が所有したポルシェ『356Aカブリオレ』なども含まれ、来場者の目を惹いていた。

その後、五街道の起点である日本橋の上に移動し、そこに車両を展示。普段見ることができない道路元標とクラシックカーの競演を来場者は楽しんでいた。

  • 内田俊一
  • 橋の中心にある道路元標とフィアット850スポルトスパイダー《撮影 内田俊一》
  • 白洲次郎が所有していたベントレー 3L《撮影 内田俊一》
  • 高倉健が所有していたポルシェ 356Aカブリオレ《撮影 内田俊一》
  • 吉田茂元首相のロールスロイス 25/30HPスポーツサルーンbyふーぱー(左)と、川崎財閥が所有していたロールスロイス 20/25HPリムジンスラップ&メイバリー《撮影 内田俊一》
  • 日産 タイプ80バン《撮影 内田俊一》
  • ダッジ ファイヤートラック《撮影 内田俊一》
  • シンガー  ナインルマン《撮影 内田俊一》
  • パナール PL17《撮影 内田俊一》
  • ライレー 9ブルックランズ《撮影 内田俊一》
  • ダットサン クーペ(奥)とロードスター(手前)《撮影 内田俊一》
  • シボレー コルベットスティングレー《撮影 内田俊一》
  • 日本銀行本店前に展示されたブガッティと日産タイプ80バン《撮影 内田俊一》
  • ブガッティ T37A《撮影 内田俊一》
  • シトロエン DS23パラス(左)とド・ディオン ブートン(右)《撮影 内田俊一》
  • シアタ アミカ《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ