【メルセデスベンツ G550 4×4 スクエアード】最低地上高460mm…高い走破性備えた、期間限定販売SUV

新車 レスポンス

メルセデス・ベンツ日本は4月4日、ポータルアクスルの採用で最低地上高をベース車のほぼ倍の460mmにして走破性を高めたGクラスの特別仕様車『G550 4×4 スクエアード』を発売した。価格は3510万円で5月31日までの期間限定で販売する。

メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長は同日、都内で開いた発表会で「2014年に発表した『G63 AMG 6×6』は6輪を装着するための専用ボディやオフロードを走行するための特殊なホイールを採用するなど装備も価格もまったくスペシャルな1台だった。この4×4スクエアードは6×6のオフロード走破性を確保しながら、オンロードの快適性も兼ね備えている」と紹介した。

さらに「Gクラスのアイコニックなモデルとして、また(メルセデス・ベンツ日本が今年のテーマとして掲げている)SUVイヤーのアイコニックなモデルとして、かなり無理を言って日本仕様を造ってもらった」と明かした。

G550 4×4 スクエアードはアジアでは日本で唯一販売され、少量限定生産モデルではあるが、ディスプレーやインストルメントクラスター内の日本語表示を始め、360度カメラシステムやパークトロニックといった日本の道路事情を考慮した本国仕様にはない装備も装着しているという。

またターゲットユーザーについて上野社長は「スペシャルな車を待ち望んでいる方は、やはり東京に限らず全国にいらっしゃる。先々週、九州のショールームであったお客様はすでにご購入を決めていると仰っていた」とした上で、「すでに2ケタ台の受注を頂いていると聞いている。幸先は良い」とも話していた。

G550 4X4 スクエアードの最低地上高は460mm、渡河深度1000mmで、ベース車のG550はそれぞれ235mm、600mmとなっている。

  • 小松哲也
  • メルセデスG550 4X4 スクエアード 発表会《撮影 小松哲也》
  • メルセデスG550 4X4 スクエアード 発表会《撮影 小松哲也》
  • メルセデスG550 4X4 スクエアード 発表会《撮影 小松哲也》
  • メルセデスG550 4X4 スクエアード 発表会《撮影 小松哲也》
  • メルセデス・ベンツ日本 上野金太郎 社長《撮影 小松哲也》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ