リコール台数が過去最高の1890万台、タカタ製エアバッグの影響…2015年度

業界 レスポンス

国土交通省が発表した2015年度の自動車リコール届け出台数は、前年度と比べて13件増の368件で、対象台数が1890万0637台と過去最高となった。

タカタ製エアバッグについて自動車メーカー各社が調査リコールを実施した影響で、対象台数が前年度より943万2749台増加した。

対象台数が100万台を超えるリコール届け出が5件あり、この5件で対象台数の40%を占めた。このうち、スズキのイグニッションスイッチが発火するリコールが187万2903台でトップ。次いで多かったのがホンダのエアバッグで162万5144台。

タカタ製エアバッグのリコールは届け出が49件、対象台数が954万9996台と、全体の半分を占めた。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ