トヨタ車体、第6次環境取り組みプランを策定…低炭素・循環型社会の構築など

業界 レスポンス

トヨタ車体は、第6次「トヨタ車体環境取り組みプラン(2016〜2020年度)」を策定した。

トヨタ車体は、環境にやさしいクルマづくりを目指し、従来から、自動車および自動車部品の技術・製品開発、工場計画、生産活動における環境保全、省資源活動を重要な柱として位置づけ、事業展開を図ってきた。

同社は1993年、第1次環境取り組みプランを策定し、本格的な環境保全活動に着手。その後5年ごとに順次取り組みのレベルアップを図り、2016年3月、第6次「トヨタ車体環境取り組みプラン」を策定し、2016年度から2020年度までの5か年計画を展開する。

第6次プランでは、「低炭素社会の構築」「循環型社会の構築」「環境保全と自然共生社会の構築」を第5次プランから引き続き、これらを3大重点テーマとして掲げ、開発・設計、生産の各分野で取り組んでいく。

「低炭素社会の構築」では、超小型EVなど環境製品の開発推進やライン更新に合せた生産CO2の削減に取り組む。「循環型社会の構築」では、リサイクル設計の推進や植物材料開発の推進と適用拡大、廃棄物排出量の削減に、「環境保全と自然共生社会の構築」では環境学習の推進や揮発性有機化合物(VOC)排出量の削減に取り組む。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • トヨタ車体 コムス
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ