トヨタとマイクロソフト、米国に新会社…車両から得られる情報を集約・活用

業界 レスポンス

トヨタ自動車は4月4日、マイクロソフトと共同で、車両から得られる情報集約と解析、その結果の商品開発への反映を目的とした新会社「Toyota Connected, Inc.(トヨタコネクテッド)」を米国テキサス州プレイノに設立したと発表した。

新会社は、トヨタのIT事業会社であるトヨタメディアサービスとマイクロソフトの合弁会社。車載通信機(DCM)が装着されたトヨタ車、レクサス車から得られる各種情報を集約するトヨタ・ビッグデータ・センター(TBDC)の運用と、もっといいクルマづくりに向けたビッグデータの研究、活用を行っていく。

トヨタコネクテッドは、新しい北米トヨタの拠点となるプレイノに位置し、TBDCの管理や活用、サービスなどのトヨタの取り組みを集約することで、もっといいクルマづくりのための最先端のデータ解析を行うとともに、状況に応じた「つながる」サービスを顧客に提供していく。また、協力関係にあるマイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Azure」を採用するほか、マイクロソフトの技術者が、データ解析やモバイル技術などの広いエリアでTCの業務をサポートしていく。

トヨタコネクテッドの事業範囲は、車載サービスやテレマティクスのほか、クルマと家やIoTの接続、パーソナライズ化、健康と安全、クルマのスマートシティへの統合、関係会社への様々なサービス、フリートサービスなどにおよぶ予定。さらに人工知能技術の研究・開発の新会社TRIにおける研究など、現在行われている人工知能やロボット研究へもサポートを行っていく。

なお、新会社の会長にはトヨタの友山茂樹専務役員が、社長兼CEOには、北米トヨタのチーフ・インフォメーション・オフィサーであるザック・ヒックス氏が就任している。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ