【メルセデス G550 4×4 スクエアード】より日常向けになった「6×6」の弟分

新車 レスポンス

メルセデス・ベンツ日本が4月4日から5月31日までの期間限定で予約を受け付けている『G550 4×4 スクエアード』は、2014年に台数限定で発売された『G63 AMG 6×6』の弟分に位置づけられるという。

そう話すのは、ダイムラー社Gクラス統括責任者のグンナー・グーテンケ氏だ。「エキサイティングという点では全く同じだが、日常的な走行性という面では少しだけG550 4×4 スクエアードの方が優っているかもしれない」という。

このG550 4×4 スクエアードを開発した理由は2つあるとグーテンケ氏。ひとつは「Gクラスは常に更なる極限を目指して開発し続けていること」。そしてもうひとつは、「G63 AMG 6×6はアグレッシブで魅力的だが、もう少し日常的に使えるようなクルマがほしいという市場の要望から開発が始まった」と述べる。

ではなぜ同じV型8気筒ツインターボながらG63 AMG 6×6の544馬力を発生するエンジンではなく、421馬力のエンジンを搭載したのか。

グーテンケ氏は「約1年前のジュネーブショー2015でこのG550 4×4 スクエアードを発表した。そのタイミングでダイムラーのポートフォリオでは(G550 4×4 スクエアードに搭載したエンジンが)最新のV8エンジンだったのだ」と話す。そして、「Gクラスの伝統は、エクステリアは出来るだけ変えずに、技術は最新のものにするということなので、今回もそのやり方を踏襲し、最新のエンジンを搭載したのだ」と説明した。

  • 内田俊一
  • メルセデス G550 4×4 スクエアード《撮影 内田俊一》
  • メルセデス G550 4×4 スクエアード《撮影 内田俊一》
  • メルセデス G550 4×4 スクエアード《撮影 内田俊一》
  • メルセデス G550 4×4 スクエアード《撮影 内田俊一》
  • メルセデス G550 4×4 スクエアード《撮影 内田俊一》
  • メルセデス G550 4×4 スクエアード《撮影 内田俊一》
  • メルセデス・ベンツ日本代表取締役社長兼CEOの上野金太郎氏(右)と、ダイムラー社Gクラス統括責任者のグンナー・グーテンケ氏(左)《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ