ジヤトコ、CVT世界累計生産台数3000万台を達成…18年8か月

業界 レスポンス

ジヤトコは、CVT(無段変速機)のグローバル累計生産台数が、1997年の生産開始以来18年8か月で、2016年3月末に3000万台に達したと発表した。単一メーカーのCVT累計生産台数が3000万台に達するのは世界初。

ジヤトコは1997年、世界で初めて2リットルクラスに対応した金属ベルト式CVTの生産を日本で開始した。その後、世界的に環境・燃費への関心が高まる中、燃費性能に優れたCVTの需要も増加し、供給体制を整えるために生産地域を拡大。2005年11月にはメキシコで、2009年9月には中国で、2013年7月にはタイで生産を開始した。累計生産台数2000万台から3000万台まで、わずか2年4か月で到達しているが、531万台の海外生産が大きく伸びに貢献している。なお2015年度のCVTグローバル生産台数約432万台のうち、海外拠点での生産は約246万台。CVTグローバル生産台数の57%を占めている。

またジヤトコは、1997年のCVT生産開始以来、数々の世界初の技術を商品化。2009年に軽・小型車用に市場投入した世界初の副変速機付CVT「ジヤトコ CVT7」は、優れた動力性能と燃費性能から約920万台を販売するベストセラーとなり、今も需要が拡大している。2015年には「ジヤトコ CVT7」をベースに、CVTとして世界最大の変速比幅8.7を実現し、燃費と運転性を向上させた「ジヤトコ CVT7 W/R」を発売。中・大型車用には「ジヤトコ CVT8」を2012年から市場投入している。またハイブリッド車に適用する「ジヤトコ CVT8 ハイブリッド」を2013年から販売開始している。

ジヤトコは、軽自動車用から3.5リットルクラス車用までのCVTフルラインナップを揃える唯一のメーカーで、現在は国内3拠点、海外3拠点の計6拠点で生産。2015年に全世界で生産されたCVT生産台数に占めるジヤトコのシェアは、業界トップの41%となっている。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ