日産ゴーン社長、円高傾向にも「国内生産100万台維持する」

業界 レスポンス

日産自動車のカルロス・ゴーン社長兼CEOは4月5日、同社いわき工場(福島県いわき市)で記者会見し、直近の為替の円高傾向に関連し、「引き続き国内工場を使って年100万台以上の生産を維持していく」と語った。

ゴーン社長は為替について「常に一貫して中立的水準にあってほしいと申してきた」としたうえで、中立的水準とは「円ドルレートでは1ドル100円」と言及した。

現状ではなお、これより円安水準にあることから、国内生産の確保に努める方針を示した。日産の国内生産はリーマン・ショック後に進んだ円高に伴う海外生産シフトで、2014年から昨年まで100万台を割り込んだ。16年は米国向けのSUVを日産自動車九州に生産移管するなどにより、3年ぶりに100万台を超える見込みとなっている。

  • 池原照雄
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ