台湾版 鈴鹿サーキット、高雄市にオープン…日本初のアミューズメント輸出ビジネス

業界 レスポンス

鈴鹿サーキットとコンセプトを同じくするモビリティのテーマパーク「SUZUKA CIRCUIT PARK」が台湾・高雄市に5月9日、オープンする。

SUZUKA CIRCUIT PARKは、モビリティランドが「鈴鹿サーキット」のライセンスを提供し、台湾の大魯閣エンタテイメントが台湾・高雄市に建設、運営。併設する同社のショッピングモール「大魯閣草衙道」と同時オープンする。年間動員は施設全体で1000万人を見込む。

SUZUKA CIRCUIT PARKには、S字コーナーや立体交差、コースに隣接する観覧車といった、鈴鹿サーキット国際レーシングコースと同じ特徴を持つ、全長約600mのレンタルカート用コースが作られる。また、モビリティランドオリジナルの遊戯機種を導入するほか、日本の鈴鹿サーキットと同じくコチラファミリーが登場し、大人も子どもも楽しめるパフォーマンスを披露するという。レーシングコースの名称とレイアウト、付帯のアミューズメントが海外の事業者へ輸出されるのは日本初で、日本のモータースポーツ、レジャー業界にとって新しいビジネスモデルとなる。

また、隣接のショッピングモールにはH&M、Guess、Nauticaなどのグローバルファッションブランドや、台湾南部最大規模のアップルストア、各国料理、地元料理レストラン、特産品販売ショップなど、約200のテナントが入る予定で、台湾のライフスタイルにフィットする商業施設となる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 鈴鹿サーキットの約1/10のレンタルカートコース建設中の様子(3月30日撮影)
  • 最終コーナー、シケイン近くに立つ観覧車
  • 世界でも珍しい立体交差を持つレイアウトをSUZUKA CIRCUIT PARKでも再現
  • キッズバイク
  • アクロX
  • ドリフトS
  • ドリフトキッズレーサー
  • チクタクトレイン
  • コチラドライビングスクール
  • SUZUKA CIRCUIT PARKで遊ぶコチラファミリーのイメージイラスト
  • 2015年10月 台湾・高雄市の国際旅行博(ITF)でSUZUKA CIRCUIT PARKをPRするコチラ(右)とチララ(左)
  • ショッピングモール入口 イメージパース
  • ショッピングモール入口 イメージパース
  • ショッピングモール入口 イメージパース
  • 大魯閣草衙道の所在地
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ