パナソニック、光拡散性PP樹脂成形材料を開発…車室LED照明などの長期使用や高輝度化に貢献

業界 レスポンス

パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、LED照明の長期使用、軽量化や高輝度化に貢献する光拡散性ポリプロピレン(PP)樹脂成形材料「フルブライトPP」を開発、2016年4月より量産を開始すると発表した。

フルブライトPPは、業界初の射出延伸ブロー成形対応で、これまでの光拡散性PP樹脂成形材料では困難とされていた複雑な形状加工が可能となり、設計の自由度が向上。高い意匠性や複雑な加工や耐久性が求められる、自動車の車室照明や屋外看板、店舗照明、水周り照明、デジタルサイネージなどへの活用が期待される。

LED照明の光源周辺には、一般的に輝度の均一化を保つために拡散板を設置するが、現在素材としてポリカーボネートやアクリル系樹脂が多く使用されている。しかし、LED光源の設置環境が多様化する中、拡散板の素材にはさらなる耐光性、耐水・耐湿性、耐薬品性、高温での色調維持や強度に加え、軽量化も求められている。新製品は、優れた耐光性、耐久性を実現するとともに、PP樹脂成形材料の低比重の特性を生かしLED照明の長期使用や軽量化に貢献する。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ